コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永運 えいうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永運 えいうん

?-? 南北朝時代の僧,連歌師。
救済(ぐさい)にまなび,文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年(1355)二条良基邸でおこなわれた「文和千句」にくわわり,第二百韻の発句をよむ。「菟玖波(つくば)集」などにのっている。権少僧都(ごんのしょうそうず)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永運の関連キーワード救済(きゅうせい、連歌師)南北朝時代連歌師救済