文和(読み)ブンナ

大辞林 第三版の解説

ぶんな【文和】

北朝の年号(1352.9.27~1356.3.28)。観応の後、延文の前。後光厳ごこうごん天皇の代。ぶんわ。

ぶんわ【文和】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんな【文和】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1352年から1356年まで、後光厳(ごこうごん)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は観応(かんのう)。次元号は延文(えんぶん)。1352年(観応3)9月27日改元。後光厳天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『旧唐書(くとうじょ)』『三国志(さんごくし)』『呉志』を出典とする命名。文和年間の南朝の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝では正平(しょうへい)(1346~1370年)の元号を使用した。同年間の室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。観応の擾乱最中の1351年(観応2/正平6)、足利尊氏は苦境打開のため南朝に帰順して、分裂していた皇統が一時的に南朝に統一された(正平一統)。その翌年、南朝が鎌倉とともに京都に侵攻し、在京の足利義詮(よしあきら)(尊氏嫡男、後の第2代将軍)を近江国に追ったことから、「正平一統」は破綻する。その後まもなく京都は北朝方に奪還されたが、南朝方は撤退の際、北朝の光厳(こうごん)上皇・光明(こうみょう)上皇・崇光(すこう)上皇(正平一統にともない天皇位を廃された)らを吉野に連行した。このため幕府は、後光厳天皇を新帝に擁立して北朝の再建をはかる。後光厳天皇は1352年(文和1/正平8)8月17日に即位した。◇「ぶんわ」とも読む。

ぶんわ【文和】

⇒文和(ぶんな)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文和の関連情報