コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文和 ブンナ

大辞林 第三版の解説

ぶんな【文和】

北朝の年号(1352.9.27~1356.3.28)。観応の後、延文の前。後光厳ごこうごん天皇の代。ぶんわ。

ぶんわ【文和】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんな【文和】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1352年から1356年まで、後光厳(ごこうごん)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は観応(かんのう)。次元号は延文(えんぶん)。1352年(観応3)9月27日改元。後光厳天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『旧唐書(くとうじょ)』『三国志(さんごくし)』『呉志』を出典とする命名。文和年間の南朝の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝では正平(しょうへい)(1346~1370年)の元号を使用した。同年間の室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。観応の擾乱最中の1351年(観応2/正平6)、足利尊氏は苦境打開のため南朝に帰順して、分裂していた皇統が一時的に南朝に統一された(正平一統)。その翌年、南朝が鎌倉とともに京都に侵攻し、在京の足利義詮(よしあきら)(尊氏嫡男、後の第2代将軍)を近江国に追ったことから、「正平一統」は破綻する。その後まもなく京都は北朝方に奪還されたが、南朝方は撤退の際、北朝の光厳(こうごん)上皇・光明(こうみょう)上皇・崇光(すこう)上皇(正平一統にともない天皇位を廃された)らを吉野に連行した。このため幕府は、後光厳天皇を新帝に擁立して北朝の再建をはかる。後光厳天皇は1352年(文和1/正平8)8月17日に即位した。◇「ぶんわ」とも読む。

ぶんわ【文和】

⇒文和(ぶんな)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

文和の関連キーワード右衛門佐局(1)徽安門院小宰相友重(2代)法仁入道親王包真(初代)性勝法親王飛鳥井雅孝二階堂政元善法寺了清一天玄清四条隆俊鷹司師平久我長通惟宗光吉真壁高幹三条実冬満仁親王飽間光泰土佐行光新田貞方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文和の関連情報