汁講(読み)シルコウ

大辞林 第三版の解説

しるこう【汁講】

客は各自飯を持参し、主人が汁だけをふるまって食事をする会合。汁会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しる‐こう【汁講】

〘名〙 昔、客がめいめい自分の家から飯を持参し、主人側は汁だけを出してする饗応。汁。
※桃源遺事(1701)四「むかし世に汁講といふ事あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の汁講の言及

【闇汁】より

…また,〈汁〉と称した宴会も室町期から行われている。主人役が汁,あるいは汁と菜(さい)を準備し,客はおのおの飯を持参して食べながら歓談するというものだったようであるが,同時にこれは汁講,汁会と呼ばれて一味同心の連帯を確認,強化するための共食の意味をもつようになった。江戸時代になると都市,農村ともにこうした形の共食を行い,それが法令伝達の場ともなった。…

※「汁講」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android