コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎トゥラン主義 はんトゥランしゅぎPan-Turanianism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汎トゥラン主義
はんトゥランしゅぎ
Pan-Turanianism

19世紀末以後,汎スラブ主義に対抗してトルコタタール系諸民族を統合しようとする超国家主義的な民族運動の一形態。初めはハンガリーマジャール人によってこうした考えが打出されていたが,1878年以後,クリミアトルコ人 I.ガスプリンスキー (1841~1914) ,Y.アクチュラ (1876~1937) らにより政治運動として展開され,オスマン帝国がこれを支援。トルコ共和国が成立すると,この思想は影響力を失ったが,今日でもトルコ,ドイツパキスタンなどに住む旧ソ連からの移住トルコ人の間には根強く支持されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone