汎天候(読み)はんてんこう

百科事典マイペディアの解説

汎天候【はんてんこう】

数日〜数週間にわたり同一の物理的作用が原因となって比較的広い範囲に持続する天候状態。その範囲内で地域的に天気が異なっていてもおもな物理的作用が同一であれば同一の汎天候として扱う。たとえば厳冬,暖冬など平均気圧分布との関連で示されるような場合が多く,週間予報長期予報に有効な概念

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の汎天候の言及

【天候】より

…天気と気候との中間的な概念として用いられ,5日とか10日,あるいは1月くらいの平均で表されることが多い。なお,大気の環流の模様があまり変わらず,似た天気変化の特性が続く状態のことを汎天候とよぶことがある。ドイツのバウルF.Baurが提唱したGrosswetterlageから来た言葉である。…

※「汎天候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android