コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎天候 はんてんこう

1件 の用語解説(汎天候の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

汎天候【はんてんこう】

数日〜数週間にわたり同一の物理的作用が原因となって比較的広い範囲に持続する天候状態。その範囲内で地域的に天気が異なっていてもおもな物理的作用が同一であれば同一の汎天候として扱う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の汎天候の言及

【天候】より

…天気と気候との中間的な概念として用いられ,5日とか10日,あるいは1月くらいの平均で表されることが多い。なお,大気の環流の模様があまり変わらず,似た天気変化の特性が続く状態のことを汎天候とよぶことがある。ドイツのバウルF.Baurが提唱したGrosswetterlageから来た言葉である。…

※「汎天候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

汎天候の関連キーワード近接作用物理的封じ込め減感作療法谷渡り天候冷燻集団食中毒岩石物理学力学的相似の原理ステージレース

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone