汗染(読み)あせじみ

精選版 日本国語大辞典の解説

あせ‐じみ【汗染】

〘名〙 (動詞「あせじみる(汗染)」の連用形の名詞化) 汗に濡れること。衣服などに、汗のしみがつくこと。また、そのしみ。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新妻君「汗汚点(アセジミ)でも出来ると勿躰(もったい)ないからお着換えなさい」

あせ‐じ・む【汗染】

[1] 〘自マ五(四)〙 =あせじみる(汗染)
※放浪時代(1928)〈龍胆寺雄〉二「べたべたと肌へくっつく汗じんだシャツをとって」
[2] 〘自マ上二〙 ⇒あせじみる(汗染)

あせ‐じ・みる【汗染】

〘自マ上一〙 あせじ・む 〘自マ上二〙 汗に濡れる。汗が出て、はだや衣服がじっとりとする。汗ばむ。汗じむ。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「あせじみたる白地のゆかた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android