コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚斑病(サブタレニアンクローバ)

1件 の用語解説(汚斑病(サブタレニアンクローバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

汚斑病(サブタレニアンクローバ)

斑点性の糸状菌病。初め黄色く変色した大きな病変であるが、これが褐変し、葉脈により区切られた特徴的なV字型病斑となる。葉柄を侵されるとその先が萎凋 し、すぐに枯死する。古い葉よりも若い葉で被害が大きい。梅雨時以降の気温がかなり上昇した時点で多発する。他のクローバ類でも発生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汚斑病(サブタレニアンクローバ)の関連キーワードすじ枯細菌病(エンバク)黒斑病(エンバク)斑点病(ライムギ)夏斑点病(ライグラス)葉かび病(スィートバーナルグラス)斑点細菌病(アルファルファ)黄斑病(アルファルファ)斑点病(アカクローバ)汚斑病(アカクローバ)汚斑病(シロクローバ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone