コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸家老 エドガロウ

大辞林 第三版の解説

えどがろう【江戸家老】

江戸の藩邸に詰めていた家老。 ↔ 国家老

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の江戸家老の言及

【大名屋敷】より

…下屋敷は別荘あるいは緊急時の避難所として広大な林泉庭園をもち,また物資の搬入貯蔵を考慮して水運の便のよい所に蔵屋敷として設けられたものもある。 江戸屋敷には藩主の妻子のほかに幕府や諸藩との応接にあたる家臣が常住しており,江戸家老(留守居)を頂点として国元の藩の機構を小型にした職制があった。そして参勤時には国元から藩主とともに江戸勤番の家臣が随従して来ていた。…

※「江戸家老」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸家老の関連キーワード大森繁右衛門藤井紋太夫樋口謙之亮大島友之允鳥居 忱藤井右門杉村直記生駒騒動山内広通六郷政純吉川蔵人水野梅径大名屋敷竹俣当綱鳥居志摩水野忠央海野柯亭色部長門池田寛親海野蠖斎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸家老の関連情報