コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江頭安太郎 えがしら やすたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江頭安太郎 えがしら-やすたろう

1865-1913 明治-大正時代の軍人。
元治(げんじ)2年2月12日生まれ。明治36年海軍教育本部第一部長,翌年軍令部先任副官をかねる。日露戦争では大本営参謀。のち佐世保鎮守府参謀長,人事局長などをへて45年軍務局長となる。大正2年中将。同年1月23日死去。49歳。肥前佐賀出身。海軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

江頭安太郎

没年:大正2.1.23(1913)
生年:慶応1.2.12(1865.3.9)
佐賀藩士江頭嘉蔵の次男。攻玉社を経て,明治19(1886)年優秀な成績で海軍兵学校を卒業,日清戦争(1894~95)では「金剛」航海長として活躍。30年「高砂」回航員としてイギリスに出張,帰国後は海軍省人事課課僚となり,以後昇進に必要な海上もしくは地方勤務のほかは,中央を離れなかった。日露戦争(1904~05)では軍令部第3班長兼教育本部1部長となり,外国事情の調査,各国海軍の動静などの情報収集に当たった。40年「生駒」艦長を経て41年に少将,旅順鎮守府参謀長となり,人事局長を経て45年軍務局長につき,大正2(1913)年中将。皇太子徳仁親王の妃(小和田雅子)の曾祖父。

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

江頭安太郎の関連キーワード大正時代没年元治軍人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android