コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池ノ平温泉 いけのたいらおんせん

2件 の用語解説(池ノ平温泉の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕池ノ平温泉(いけのたいらおんせん)


新潟県南西部の妙高(みょうこう)市、妙高山の南東斜面にある行楽向きの温泉。赤倉(あかくら)温泉・関(せき)温泉・燕(つばめ)温泉などの温泉とともに妙高温泉郷を形成。スキーテニスゴルフなどができるリゾート温泉。ミズバショウが群生するイモリ池畔に町営ビジターセンターがある。単純硫黄泉。泉温75.1℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池ノ平温泉
いけのたいらおんせん

新潟県妙高(みょうこう)市にある温泉。妙高高原の中腹、標高750メートルにあり、1922年(大正11)中央火口原の南地獄谷から引き湯して開かれた温泉場で、高原中もっとも雄大なスロープをもつスキー場温泉として有名。旅館や民宿、官公庁の寮や別荘が多い。泉質は硫黄泉。しなの鉄道北しなの線・えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン(ともに旧、JR信越本線)妙高高原駅からバス。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池ノ平温泉の関連キーワード新井関温泉妙高妙高高原妙高山妙高市火打山妙高高原[町]妙高温泉郷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone