妙高高原(読み)みょうこうこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「妙高高原」の解説

妙高高原
みょうこうこうげん

新潟県南西部,妙高火山群にあり,長野県に接する妙高市南西部の旧町域。 1956年妙高々原村と杉野沢村が合体して町制。 2005年新井市に編入,新井市は妙高市に改称。信越国境を流れる関川沿いに集落が形成されている。大部分妙高高原で,妙高温泉池の平温泉赤倉温泉,新赤倉温泉の各温泉地のほか,スキー場がある観光地。天神社の大スギは国の天然記念物。妙高戸隠連山国立公園に属する。

妙高高原
みょうこうこうげん

新潟県南西部,妙高山 (2454m) 東麓に開ける高原標高 700~1300m。妙高山の外輪山前山 (1934m) をかなめとしてを広げたような形で,浸食谷は田切地形をつくる。雄大な斜面には,赤倉,新赤倉,池ノ平,妙高などの温泉集落が並び,別荘地,大スキー場がある。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「妙高高原」の解説

みょうこう‐こうげん〔メウカウカウゲン〕【妙高高原】

新潟県南西部、長野県境近くにある高原。妙高山の東斜面に広がり、標高は700~1200メートル。赤倉・池ノ平・妙高などの温泉や、別荘地・スキー場がある。妙高戸隠連山国立公園に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の妙高高原の言及

【妙高温泉郷】より

…新潟県南西部,妙高山(2446m)東麓の妙高高原に開けた温泉郷。標高の高い順に,約1100mの燕(つばめ)温泉(含土類セッコウ泉,45℃),約900mの関温泉(含鉄食塩泉,46℃),700~800mの赤倉温泉(重炭酸土類泉,60℃),池ノ平温泉(単純泉,60℃),500~600mの妙高温泉,新赤倉温泉(いずれも赤倉温泉からの引湯)と並ぶ六つの温泉からなる。…

※「妙高高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android