コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田幸 いけだ こう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田幸 いけだ-こう

1818-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政元年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩医飯島三太夫の娘。園城(おんじょう)寺の池田都維那(ついな)の養女。膳所(ぜぜ)藩の勤王家川瀬太宰(だざい)と結婚,近江の自宅を勤王派の拠点とする。夫が新選組に捕らえられたのち自殺をはかるがはたせず,慶応元年6月24日?絶食死した。48歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池田幸の関連キーワードサウド家スターリング前田孫右衛門フランクランドフォーレアメリカ合衆国史(年表)文政アルフェドソンガーイクワールフォンタネージ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田幸の関連情報