コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池運上 イケウンジョウ

デジタル大辞泉の解説

いけ‐うんじょう〔‐ウンジヤウ〕【池運上】

江戸時代の雑税の一。水草や魚などを取るときに、池の持ち主や請負人が一定期間上納した金銭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いけうんじょう【池運上】

江戸時代の雑税。池で藻草・真菰まこもを採集したり漁をする者、その請負人、池の持ち主に課した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の池運上の言及

【運上】より

… 簗(やな)運上川魚を捕る簗に対して課すもの。 池運上池からの漁獲を見込んで持主に課すもの。 鉄砲運上狩猟を生業とする猟師銃とイノシシ,猿などの害獣を追い払う威(おどし)鉄砲に分けこれに課すもの。…

※「池運上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

池運上の関連キーワード江戸時代藻草

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android