コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差配 サハイ

デジタル大辞泉の解説

さ‐はい【差配】

[名](スル)
とりあつかうこと。世話をすること。また、指図すること。
手分けして事務をとりあつかうこと。
所有主の代わりに貸地・貸家などの管理をすること。また、その人。「差配人」
「戸に『貸家―松永町西のはずれにあり』と書いて張ってあった」〈鴎外

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さはい【差配】

( 名 ) スル
とりさばくこと。とりしきること。処置。 「仕事の-をする」
指図をすること。また、指図をする人。 「函館松前一円に俺們われわれ-なし居たるに/近世紀聞 延房
持ち主の代わりに、貸し家や貸し地を管理すること。また、その人。 「敷金と家賃と-の名とを、手帳に書き留めて出た/雁 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

差配の関連キーワードインノケンチウス12世アレクサンデル8世差し引き・差引きドッソ・ドッシ佐藤広右衛門山田文右衛門ボイコット村山伝兵衛エリオット鹿都部真顔尾上 佳緑永島亀巣利益政治カーギル寺沢広高曲淵景漸鈴木庸寿沼波弄山ディウフラフード

差配の関連情報