コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汪元量 おうげんりょうWang Yuan-liang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汪元量
おうげんりょう
Wang Yuan-liang

中国,南宋末の詞人。銭塘 (浙江省) の人。字,大有。号,水雲。宋の宮廷琴師で,宋の滅亡後,北方に抑留され,至元 16 (1279) 年頃まで在世したらしい。その体験をもととして,沈痛な感情を飾りけのない表現で綴った詩詞をつくった。著『水雲集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android