河原防風(読み)カワラボウフウ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

河原防風 (カワラボウフウ)

学名:Peucedanum terebinthinaceum
植物。セリ科の三年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かわら‐ぼうふう かはらバウフウ【河原防風】

〘名〙 セリ科の多年草。各地の山や丘陵の草地に生える。高さ三〇~九〇センチメートル。葉は二回羽状複葉で、ほぼ三角形小葉は卵状長楕円形で縁に鋸歯(きょし)がある。八~九月頃、枝先に半球形の花序をつけ小さい白色の五弁花を多数開く。やまにんじん。しらかわぼうふう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android