コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河西回廊 かせいかいろう

世界大百科事典内の河西回廊の言及

【河西四郡】より

…河西とは中国甘粛省の黄河から西,祁連(きれん)山脈の北側にそった狭長な地域である。俗に河西回廊といわれ,砂漠の中にオアシスが点在してシルクロードの東端を形成する。漢の武帝はここを占拠していた匈奴を撃退し,東西貿易路を確保した。…

【甘粛回廊】より

…中国,甘粛省北西部,北のモンゴル高原南縁山地と南の祁連(きれん)山脈の間,長さ約1000km,幅数km~100kmの廊下状の平地。別名河西回廊。西部に砂漠がひろがる。…

【蘭州】より

…1995)。古く黄河上流の重要な渡河地点で,中原地方と〈西域〉を結ぶ河西回廊地帯の交易,交通,軍事上の要地でもあり,唐代には吐蕃(とばん),宋代には西夏などが一時期この地を支配した。漢代以降金城県の地であったが,隋・唐代からは〈蘭州〉,清代には〈蘭州府〉の中心地となったことから今日の名前があり,宋代の城市が現在の市街地の基礎になった。…

※「河西回廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

河西回廊の関連キーワードチヤユイコワン(嘉峪関)特別市チウチュワン(酒泉)地区ウーウェイ(武威)地区チャンイエ(張掖)地区チーリエン(祁連)山脈アルシャ(阿拉善)高原ペイシャン(北山)山地チウチュワン(酒泉)市ランシン(蘭新)鉄道シャンタン(山丹)県シューロー(疏勒)河チャンイエ(張掖)市クンルン(崑崙)山脈ウーウェイ(武威)市カンスー(甘粛)省ユイメン(玉門)市ユーグ(裕固)族ルオ(弱)水モンゴル高原敦煌・莫高窟

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android