コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油層圧 ゆそうあつoil reservoir pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油層圧
ゆそうあつ
oil reservoir pressure

油層内の流体の圧力。油層圧は油層の深度,地熱,地圧,油層内流体などによって異なる。油やガスを生産する以前の油層圧を初期油層圧と呼び,坑井が完成すれば坑底で測定し,これを坑底圧と呼ぶ。初期油層圧は一般に静水圧に近い圧力を示すが,深度が深くなるにつれて,圧力勾配 (深度に対する圧力の比) が大きくなる傾向がある。また局部的に異常に高い圧力を有することもある。油層圧は産油経過に伴って減衰し,これに伴って排油能力が減少する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

油層圧の関連キーワードガスキャップ押し最大効率産出量坑道掘り採油溶解ガス押し油膨張押しガスリフトコーニング火攻法水攻法採油自噴

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android