静水圧(読み)せいすいあつ(英語表記)hydrostatic pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「静水圧」の解説

静水圧
せいすいあつ
hydrostatic pressure

静止している液体の中の任意の面に作用する圧力。静止流体の中の面に働く応力はその面に垂直な圧力だけで,面に沿う方向のずれ応力は働かない。流体内の任意の1点における圧力は,すべての方向に対して等しい。一般に,物体をすべての方向から均等に圧縮するような圧力だけが働く系を表わすのに使われる。流体の密度を ρ ,地球の重力加速度g とすると,静止流体の中で,高さが h だけ違う2点の圧力差は ρgh である。水や油の中での圧力はほとんど静水圧と考えてよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典「静水圧」の解説

静水圧

物体のすべての方向に均質に働く圧力[Harker : 1932].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「静水圧」の解説

せい‐すいあつ【静水圧】

〘名〙 静止している水中に働く圧力。深さと密度と重力加速度の積。運動エネルギーの加わる流水における水圧と区別して用いられる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「静水圧」の解説

せいすいあつ【静水圧 hydrostatic pressure】

静止した流体の中にとった面をとおして,両側の流体が互いに及ぼし合い押し合う力。単位面積当りの力ではかる。静水圧は等方的で面の向きによらないスカラーである。一様な重力の場(加速度g)では,同一水平面での圧力は同一で,pp+ρghで表される。ここでpは大気圧,ρは流体の密度,hは流体面からの深さである。【橋本 英典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の静水圧の言及

【流れ】より

…静止しているふつうの流体では,応力は面に垂直で,互いにおしあう力(圧力)であって,その強さが面の方向によらない等方的な力である。これを静水圧という。流れが起こると力の等方性が破れ,面に並行な力,すなわちずれの応力(粘性応力)が現れて,流速を均一にしようとする。…

※「静水圧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android