コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油糧種子

栄養・生化学辞典の解説

油糧種子

 油脂含量の多い種子で,油をとるもの.ダイズ,ゴマ,綿実,ラッカセイなど.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆりょうしゅし【油糧種子 oil seeds】

油脂を多く含み,油糧原料となる種子類の総称で,植物学的分類ではない。そのおもな種子としては,ナタネ(41%),ゴマ(50%),ダイズ(20%),ラッカセイ(44%),ベニバナ(25~37%),綿実(21%)などがある(かっこ内は平均油脂含量)。それらの脱脂かすは,良質のタンパク質含量が高いので,飼料として広く用いられるほか,植物性タンパク質食品の原料として,その加工法が研究開発され,市場化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

油糧種子の関連キーワードアーチャー・ダニエルズ・ミッドランドキングストンアポンハルポートスーダンアメリカ農業法スパンブリー大豆油

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油糧種子の関連情報