綿実

精選版 日本国語大辞典の解説

めん‐じつ【綿実】

〘名〙 ワタ(綿)の種子

わた‐ざね【綿実】

〘名〙 綿の種子。種子から精製した脂肪油綿実油といわれ、薬用として乳汁分泌促進、月経異常などに用いられる。めんじつ。《季・秋》
※浮世草子・好色一代男(1682)八「ゑのこづちの根を千本、水銀・綿実(ワタサネ)・唐がらしの粉、牛膠百斤、其外色々品々の責道具をととのえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の綿実の言及

【ワタ(棉∥綿)】より

…ワタはまたセルロース原料としても重要で,この目的には第2回目に分離した地毛があてられ,綿火薬,レーヨン,セルロイドフィルムなどの製造に用いられる。繊維を除いた種子の綿実は重要な油料で,15~20%の綿実油を含む。食用油,マーガリン,セッケンの原料とする。…

※「綿実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綿実の関連情報