沿岸貿易(読み)えんがんぼうえき

精選版 日本国語大辞典「沿岸貿易」の解説

えんがん‐ぼうえき【沿岸貿易】

〘名〙 公海に出ることなく一つの国の海岸線に沿った諸港間を航海して行なわれる貿易。国際法上、原則としてその国の船舶にのみ許されている。沿海貿易。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「沿岸貿易」の解説

えんがん‐ぼうえき【沿岸貿易】

船便によって、同一国内の沿岸各港の間で行われる貿易。沿海貿易。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android