船便(読み)ふなびん

精選版 日本国語大辞典の解説

ふな‐びん【船便】

〘名〙 船の便宜。便船。また、人や物を運ぶため運航している船。船で荷物を送ることや、その荷物をもいう。船便宜。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※アポロンの島(1957)〈小川国夫〉「ミコノスへ行く船便を調べてもらった」

せん‐びん【船便】

〘名〙 船による、通信、旅行、輸送などの交通連絡の便宜。ふなびん。〔運歩色葉(1548)〕

ふな‐だより【船便】

〘名〙
① 船の便宜。ふねのついで。ふなびん。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・好色一代男(1682)七「大坂への船便(フナタヨリ)も廻り遠く」
② 船に託するたより。船で送るたより。また、船からのたより。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふな‐びん【船便】

旅行や輸送に船を利用できること。船の便宜。「その島には一日三往復の船便がある」
船で荷物・書簡などを送ること。また、その荷物・書簡。「本を船便で出す」「船便が届く」

せん‐びん【船便】

ふなびん」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android