泉井 久之助(読み)イズイ ヒサノスケ

20世紀日本人名事典の解説

泉井 久之助
イズイ ヒサノスケ

昭和期の言語学者 京都大学名誉教授。



生年
明治38(1905)年7月2日

没年
昭和58(1983)年5月28日

出生地
大阪府

別名
号=醴泉子(レイセンシ)

学歴〔年〕
京都帝大文学部言語学科卒,京都帝大大学院言語学修了

主な受賞名〔年〕
勲二等瑞宝章〔昭和50年〕

経歴
昭和21年京都帝大教授、44年京都産業大教授を歴任。日本言語学会会長、日本西洋古典学会評議員も務めた。わが国言語学界の長老で、世界の多くの言語に取り組み、各言語に共通する一般的性格を追求した。古代日本語の研究でも知られ、日本語、フイノ・ウグル語同系論を提唱した。著書に「言語の構造」「言語民族学」「比較言語学研究」「ラテン広文展」「マライ=ポリネシア諸語」「言語研究とフンボルト」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

泉井 久之助 (いずい ひさのすけ)

生年月日:1905年7月2日
昭和時代の言語学者。京都帝国大学教授;京都産業大学教授
1983年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android