コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定相続人 ほうていそうぞくにん

2件 の用語解説(法定相続人の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

法定相続人

民法は、相続人となる者(法定相続人)とその順位(相続順位)及び相続人間での権利の割合を法定相続分として定めている。(1)配偶者(夫または妻):一方が死亡した場合、常に相続人となる。内縁の妻や夫はここにいう配偶者ではない。相続分は、共同相続人によって変わる。共同相続人がいなければ遺産は全部配偶者のもの。(2)子:第1順位の相続人。男女の別、戸籍の異同、実子・養子を問わない。養子は、実父母についても養親についても相続人となる。胎児は相続開始の時に生まれたものとみなされ相続人となる。非嫡出子(婚外子)が結婚した夫婦の子(嫡出子)と共同相続する場合、非嫡出子の法定相続分は嫡出子の2分の1。この差別は違憲とした東京高裁の判例もあるが、1995年7月に最高裁はこれを合憲とした。法改正される可能性もある(民法改正案要綱)。配偶者と子が相続人の場合、法定相続分は配偶者2分の1、残り2分の1を子の数で均分。(3)直系尊属:子や孫等(直系卑属)がいなければ、父母や祖父母(直系尊属)が順番に相続人となる。被相続人の実父母と養父母が健在の場合、4人はいずれも相続人。配偶者と直系尊属(父母)が相続人の場合、法定相続分は、配偶者3分の2、残る3分の1を父母で均分。(4)兄弟姉妹:子や孫(直系卑属)、父母(直系尊属)もいない時は、兄弟姉妹が相続人となる。配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合、法定相続分は配偶者4分の3、残り4分の1を兄弟姉妹で均分。

(吉岡寛 弁護士 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほうていそうぞくにん【法定相続人】

民法で定められた相続人。配偶者と子など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法定相続人の関連キーワード推定相続人相続人相続分分割相続遺産相続人世数相続権被相続人怯えた相続人相続登記

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法定相続人の関連情報