コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定通常実施権

産学連携キーワード辞典の解説

法定通常実施権

「法定通常実施権」とは、特許法上で定められた特定の条件下において、特許権を有していない人が特許発明を実施することのできる権利のことを指す。「法定通常実施権」に該当する権利として、先使用権、中用権、後用権、職務発明について使用者の有する通常実施権、抵触した先願の意匠権が満了したときの意匠権者等が有する通常実施権などが挙げられる。

出典|(株)アヴィス産学連携キーワード辞典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android