コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先使用権 せんしようけん

4件 の用語解説(先使用権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先使用権
せんしようけん

特許権者の特許発明と同一内容の発明を,その特許出願前から善意で使用している者 (先使用者) に与えられる法廷通常実施権。特許出願の際,先使用者は現に発明実施の事業または事業の準備をしていることが要件である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さきしよう‐けん【先使用権】

せんしようけん(先使用権)

せんしよう‐けん【先使用権】

《「さきしようけん」とも》他人が特許を出願した発明と同じような発明を既に実施している者は、他人が特許権を取得しても引き続きその発明を実施できるという権利。証明できる書類が必要。商標についても先使用権が認められている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

産学連携キーワード辞典の解説

先使用権

「先使用権」とは、法定通常実施権の1つ。特許権を得た特許発明と同一の内容の発明を独自に発明、もしくはその発明を得て、特許出願前から既に実施していた、もしくは実施の準備をしていたと認められる者に対してその実施を認める権利のことを指す。「先使用権」は、もともと利用していた技術等が他の人の出願によって実施できなくなる不公平を起こさない目的がある。

出典|(株)アヴィス
産学連携キーワード辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

先使用権の関連情報