コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先使用権 せんしようけん

4件 の用語解説(先使用権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先使用権
せんしようけん

特許権者の特許発明と同一内容の発明を,その特許出願前から善意で使用している者 (先使用者) に与えられる法廷通常実施権。特許出願の際,先使用者は現に発明実施の事業または事業の準備をしていることが要件である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さきしよう‐けん【先使用権】

せんしようけん(先使用権)

せんしよう‐けん【先使用権】

《「さきしようけん」とも》他人が特許を出願した発明と同じような発明を既に実施している者は、他人が特許権を取得しても引き続きその発明を実施できるという権利。証明できる書類が必要。商標についても先使用権が認められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産学連携キーワード辞典の解説

先使用権

「先使用権」とは、法定通常実施権の1つ。特許権を得た特許発明と同一の内容の発明を独自に発明、もしくはその発明を得て、特許出願前から既に実施していた、もしくは実施の準備をしていたと認められる者に対してその実施を認める権利のことを指す。「先使用権」は、もともと利用していた技術等が他の人の出願によって実施できなくなる不公平を起こさない目的がある。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先使用権の関連キーワード通常実施権専用実施権意匠登録後用権裁定通常実施権中用権独占的通常実施権非独占的通常実施権法定通常実施権ライセンス(実施権)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

先使用権の関連情報