コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法師君 ほうしきし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法師君 ほうしきし

日本書紀」にみえる渡来人の子。
貢進のため百済(くだら)(朝鮮)の武寧(ぶねい)王から派遣され,武烈(ぶれつ)天皇の朝廷につかえた斯我君(しがきし)の子。百済の王族の出で,倭君(やまとのきみ)の祖という。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

法師君の関連キーワード貢進

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android