コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法智 ほうち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法智 ほうち

?-? 奈良時代の僧。
鑑真(がんじん)の弟子。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(755)東大寺写経所から鑑真の唐院へ返却する「止観文」の受け取りにつかわされた。氷上塩焼(ひかみの-しおやき)の招きで故新田部(にいたべ)親王の旧宅跡をおとずれた鑑真が,ひそかにその土をなめ,「これ福地なり,伽藍(がらん)を立つべし」と法智にいったという。天平宝字(ほうじ)3年この地に唐招提(とうしょうだい)寺が創建された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

法智の関連キーワード大高重成永嘉門院奈良時代知礼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法智の関連情報