法華岳うずら車・久峰うずら車(読み)ほっけだけうずらぐるま・ひさみねうずらぐるま

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

法華岳うずら車・久峰うずら車[人形・玩具]
ほっけだけうずらぐるま・ひさみねうずらぐるま

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
東諸県郡国富町・宮崎市佐土原地区で製作されている。法華岳うずら車は、平安時代、百済から帰化した翁が海運を願ってつくり始めたと伝えられる。一方、久峰うずら車は、遠く敏達天皇の代にその起源が遡るともいわれる。それぞれ古くから縁起物として伝わった。本体の材料はタラ、脚代わりの車の材料は松の木を輪切りにしたものを使用。法華岳うずら車は男性的で、久峰うずら車は女性的な形をしている。宮崎県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android