波が立つ(読み)なみがたつ

精選版 日本国語大辞典「波が立つ」の解説

なみ【波】 が 立(た)

万葉(8C後)一四・三三四九「かづしかの真間の浦みを漕ぐ船の船人さわく奈美多都(ナミタツ)らしも」
※新古今(1205)夏・二八四「みそぎするのせみればから衣日も夕暮に浪ぞ立ちける〈紀貫之〉」
山家集(12C後)下「のたつ心の水を鎮めつつ咲かんを今は待つ哉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android