波の便り(読み)なみのたより

精選版 日本国語大辞典「波の便り」の解説

なみ【波】 の 便(たよ)

音が伝える便り、消息波の使い
※大斎院前御集(11C前)上「たちまさるなみのたよりによるみれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「波の便り」の解説

なみ‐の‐たより【波の便り】

打ち寄せる波が伝える便り。波の使い。
「いにしへのをば告げよ浜千鳥昔にかへる―に」〈続拾遺・雑上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android