続拾遺和歌集(読み)ショクシュウイワカシュウ

  • しょくしゅういわかしゅう ショクシフヰワカシフ
  • しょくしゅういわかしゅう〔シヨクシフヰワカシフ〕
  • ぞくしゅういわかしゅう ゾクシフヰワカシフ

精選版 日本国語大辞典の解説

鎌倉時代にできた、一二番目の勅撰集。二〇巻。歌数は一四五九首。建治二年(一二七六)亀山院の院宣により藤原為氏が撰し、弘安元年(一二七八)成立。撰歌の範囲を「拾遺集」以降に限り、体裁も同集に従う。代表歌人は為家・後嵯峨院・定家・実氏・俊成など。二条派中心だが、関東武士の歌も多く、警固の時などにたく篝火(かがり)になぞらえ、「鵜舟集(うぶねしゅう)」と異名されたという。続拾遺集。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android