波の緒(読み)なみのお

精選版 日本国語大辞典「波の緒」の解説

なみ【波】 の 緒(お)

① 美しい楽音を立てる波。弦楽器(箏・琴など)で胴の表面を海、側面を磯、揺れる弦を波に見立てるところから、逆に波を弦にたとえていう語。
※古今(905‐914)雑上・九二一「宮こまでひびきかよへるからことは浪のをすげて風ぞひきける〈真静〉」
② 二五弦の琴の初の緒。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android