コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真静 しんせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真静 しんせい

しんじょう

真静 しんじょう

?-? 平安時代前期-中期の僧,歌人。
河内(かわち)(大阪府)の人。和歌が「古今和歌集」「後撰(ごせん)和歌集」に3首のる。天慶(てんぎょう)元年(938)権(ごんの)律師となり,3年6月2日72歳で死去した越前出身の天台僧信静と同一人物とする説もある。法名は「しんせい」「しんぜい」とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真静の関連キーワード今田五雲

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android