コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波賀城 はがじょう

1件 の用語解説(波賀城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

はがじょう【波賀城】

兵庫県宍粟市波賀町にある山城(やまじろ)。戦国時代に羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の播磨攻めで落城した城。独立峰の標高458mの城山山頂に築かれている。波賀は、因幡国、但馬国と播磨南部との交通の要衝であり、また防御上でも重要な地であった。築城年代は不明だが、波賀城はこの地の有力者であった波賀氏によって築かれたといわれている。鎌倉時代中頃から鎌倉幕府の御家人中村光時が城主となり、戦国時代末期の吉宗まで中村氏が20代にわたって居城したという。1580年(天正8)の羽柴秀吉の播磨攻めで、南にある長水城とともに落城した。1990年(平成2)から発掘調査が行われ、城跡は「波賀城史蹟公園」として整備された。また山麓から山頂の城郭に至る遊歩道がつくられ、城郭内には二層櫓(やぐら)、冠木門などが復元されており、二層櫓は内部を歴史資料館「波賀城学習資料館」として公開している。JR山陽本線山陽新幹線姫路駅からバス山崎行(要乗り換え)または皆木行、原行、戸倉行で上野下車、徒歩20分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

波賀城の関連キーワード朝鮮式山城戸倉峠平山城山崎藩宍粟市亀山城宍粟ちくさ播磨いちのみやみなみ波賀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone