コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やぐら

百科事典マイペディアの解説

やぐら

中世の横穴式墳墓。矢倉谷倉・矢蔵・屋蔵・窟などと記される。13世紀末から14世紀にかけて主に鎌倉で造られ,山腹の崖に掘り込まれ,埋骨施設と供養のための仏堂仏像を安置したり,壁面に浮彫して荘厳している)機能を併せ持つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

やぐらの関連キーワード出し矢倉・出し櫓ドローワークスジャングルジム御手洗櫓音頭上行寺東遺跡掘り炬燵四角四面四角八方外題看板北桔橋門出し矢倉代え櫓和時計岡山城炬燵櫓矢狭間渡り櫓物見櫓武者窓明石城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やぐらの関連情報