コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やぐら

1件 の用語解説(やぐらの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

やぐら

中世の横穴式墳墓。矢倉・谷倉・矢蔵・屋蔵・窟などと記される。13世紀末から14世紀にかけて主に鎌倉で造られ,山腹の崖に掘り込まれ,埋骨施設と供養のための仏堂(仏像を安置したり,壁面に浮彫して荘厳している)機能を併せ持つ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

やぐらの関連キーワード竪穴式石室地下式横穴等々力渓谷横穴式石室羨門開口部矢倉囲い谷倉前室植山古墳

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やぐらの関連情報