コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠木門 カブキモン

デジタル大辞泉の解説

かぶき‐もん【冠木門】

冠木を渡した、屋根のない門。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

冠木門【かぶきもん】

左右の門柱横木冠木)によって構成した門。古くは下層階級の家に用いられた造りであるが,諸大名の外門などにも用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かぶきもん【冠木門】

門の一。門柱に、冠木を渡した門。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の冠木門の言及

【門】より

…文献的には室町時代までさかのぼるが,できたのは鎌倉時代ころであろう。 冠木(かぶき)門は2本の門柱の上に横木をのせたもので,〈衡門〉ともいわれ,上土門とともに武家の屋敷に用いられた。釘貫(くぎぬき)門は2本の門柱の上部に貫を通したもので,冠木門と似ているので,現在では混同されている。…

※「冠木門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

冠木門の関連キーワード門(出入口)高遠城岐阜城波賀城御供衆衡門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠木門の関連情報