コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥鰌掬い ドジョウスクイ

デジタル大辞泉の解説

どじょう‐すくい〔どぢやうすくひ〕【泥×掬い】

ドジョウをざるなどですくって捕らえること。
安来節(やすぎぶし)の歌に合わせて、ドジョウをすくう所作をする踊り。本来、この「どじょう」は「土壌」の意で、砂鉄を集める作業を模したものという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どじょうすくい【泥鰌掬い】

ドジョウをすくって捕まえること。
ドジョウをすくうまねをしながら安来やすぎ節に合わせて踊る踊り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

泥鰌掬いの関連キーワード安来節

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android