コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所作 ショサ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐さ【所作】

行い。振る舞い。しわざ。「一日の所作を日記に記す」
身のこなし。しぐさ。また、演技の動作。「大げさな所作をする」「役者の所作
所作事」の略。
仏語。身・口・意の三業(さんごう)が発動すること。能作に対していう。
仕事。職業。
「常に畋猟(かり)、漁捕(すなどり)を以て―とする国なり」〈今昔・三・二六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょさ【所作】

〘仏〙 身・口・意の三つのはたらきが現れること。
なすこと。おこない。古くは、読経・礼拝などをいう。 「毎日の-として怠ることなし/今昔 17
仕事。生業。 「遅々たる春の日も-足らねば時を失ひ/謡曲・善知鳥」
その場に応じた身のこなし。しぐさ。また、演技。 「同じ-を繰り返す」
「所作事」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の所作の言及

【所作事】より

…歌舞伎舞踊のこと。〈所作〉また〈振事(ふりごと)〉〈景事(けいごと)〉とも。歌舞伎の文献では1687年(貞享4)の《野良立役舞台大鏡》にみえるのが古く,所作事ははじめやつし事として,職業の意味での所作から,職業とくに職人の動きを舞踊に写したものであった。…

※「所作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

所作の関連キーワード振り付け・振付け・振付佐渡島長五郎(初代)伊藤小太夫(初代)科懸かり・科懸り仕種・仕草・為種扇落とし・扇落し道化方・道外方不空成就如来大見得を切るアクティング口説き模様アクションメロドラマ歌舞伎音楽姿態・姿体羯磨曼荼羅岩戸神楽茶筅通し帛紗捌き羽織落し

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所作の関連情報