安来節(読み)やすぎぶし

百科事典マイペディアの解説

島根県安来市の代表的民謡。ドジョウすくいのユーモラスな踊りと結びついた陽気な民謡で,大正以後全国に普及し大衆芸能化した。もとは出雲とも呼ばれて日本海沿岸各地で歌われた舟歌。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

日本の民謡。島根県安来市に発達したことからの名称。起源については諸説あるが,出雲節という船歌が元歌といわれる。安来節の原調を歌いはじめたのは,安来の大塚順仙という鍼(はり)医者だというが,江戸時代末に鳥取県境港の芸妓さん子がこれを改良して歌い〈さんこ節〉として流行した。出雲一帯ではこれに手を加えて〈なぜまま節〉〈和田見節〉〈はまさだ節〉などの名で盛んに歌われた。現在の安来節の定着は安来で料理屋を営む渡辺佐兵衛と,その四女お糸(1875‐1956)の功績によるもので,佐兵衛が歌に手を加え,美声で聞こえたお糸が歌い,1916年には彼女がみずから三味線を弾き,名人富田徳之助とともに上京,浅草六区で興行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

島根県安来市の民謡で、花柳界の騒ぎ唄。鳥取県境港の「さんこ節」が安来の花柳界に伝えられて、出雲拳いずもけんの下座囃子ばやしに用いられるうち、長編の「出雲節」となり、明治時代に今の節回しが確立し、現名で呼ばれるようになった。どじょうすくいの踊りがついている。やすきぶし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根県安来地方の民謡。同地方で酒席の唄(うた)として歌われてきたもので、その源流は、天保(てんぽう)年間(1830~44)に現在の鳥取県境港(さかいみなと)市にいた芸妓(げいぎ)、さん子を歌詞に詠み込んだ『さんこ節』で、それが海路船乗りによって安来に伝えられ、花柳界のお座敷唄になった。ところが出雲拳(いずもけん)での拳遊びの下座(げざ)などに用いられるうちしだいに長編化し始め、しかも歌詞も港づくしの「出雲捲(ま)き出しゃ境の港……」が好んで歌われ、歌い出し文句をとって『出雲節』とよばれるようになった。その『出雲節』に「安来千軒名の出た所……」の歌詞が生まれるに及んで『安来節』と改められた。その『安来節』を幕末から明治にかけて、井戸町の鍼医(はりい)大塚順仙が節回しを整理し、続いて中市場で煮売り屋を営む今市屋伝来が伴奏を整えるなどの改良をしたところへ、料理屋の主人渡部佐兵衛・お糸親子の出現で、今日の型が完成した。1911年(明治44)の正調安来節保存会の結成、1915年(大正4)の渡部お糸のレコード吹き込みなどで全国に広まった。なお、踊りの「泥鰌(どじょう)すくい」は元来「土壌すくい」で、島根県の砂鉄精選の作業場で働く男たちの所作を模して生まれたものという。安来市において、安来節競演大会や安来節家元お糸まつりなど各種催しが開かれていて、2006年(平成18)には安来節演芸館も開館した。[竹内 勉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

島根県、中海(なかうみ)に面した港町安来に発達した民謡。出雲国(島根県)一帯に歌われていた船歌である出雲節の変化したもの。大正五年(一九一六)安来町出身の渡辺糸が東京浅卓の興行街で歌い出して以来大流行した。盆やざるを持ってにぎやかに踊る「どじょうすくい」の踊りがつく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の安来節の言及

【泥鰌掬】より

…島根県安来(やすぎ)市の民謡〈安来節〉の踊り。手ぬぐいで頰かぶりをし,たすきをかけ,着物を尻はしょりに着て,ざるを手にドジョウをすくい取る振りで踊る。…

※「安来節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安来節の関連情報