コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注入変成作用 ちゅうにゅうへんせいさよう injection metamorphism

1件 の用語解説(注入変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

注入変成作用

貫入岩体の周辺で,板状または縞状の岩脈により岩石が変成する作用.アルカリ交代作用的な変成作用で,貫入花崗岩体の周辺の広域変成作用と推定される.この結果,ミグマタイト質片麻岩に達するような系列の地帯が形成される[Michel-Levy : 1888, Van Hise : 1896].浸透変成作用(impregnation metamorphism)[Becke : 1893].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

注入変成作用の関連キーワード貫入岩脈注入片麻岩整合貫入岩体ジュース底盤サブ貫入性岩脈残存偽岩脈加熱端貫入角礫岩貫入構造岩漿同質

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone