洗浄瓶(読み)せんじょうびん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗浄瓶
せんじょうびん
washing bottle

洗瓶ともいう。化学実験器具の一つで、蒸留水その他の洗液を沈殿あるいは器壁に吹き付けるために使われるが、一般に液体を注ぐのにも利用される。平底フラスコ、ガラス管を組み合わせて実験者が自作することが多かったが、吹き口に直接口を触れたり、破損しやすいなどの欠点があり、現在ではポリエチレン製の手押し式量産品が広く使われている。それにも熱洗液が使えない欠点がある。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android