化学分析器具(読み)かがくぶんせききぐ(英語表記)apparatus for chemical analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学分析器具
かがくぶんせききぐ
apparatus for chemical analysis

化学分析を行う目的で使用される実験器具。化学分析実験は定性分析実験と定量分析実験に分けられる。沈殿を分離する操作は両方の実験において重要で,主としてろ紙を使用するガラス漏斗繁用される。化学実験においては,各種ガラスフィルタや大量の沈殿物の分離にブフナー漏斗が使用される。沈殿の加熱にはるつぼが用いられるが,蒸発乾固して固形物を取出す場合はカセロールが便利である。分離沈殿物の洗浄は洗浄瓶やポリ洗浄容器が使われる。主として定量分析に使用されるガラス定量器具は種類が多い。液量を測定したり,一定量を必要とする場合にはメスシリンダ,メスフラスコ,メスピペットホールピペットなどがあり,滴定実験ではビュレットを使う。重量の測定は試料を秤量瓶や秤量管に入れて,通常のてんびんのほかに目的によってセミミクロてんびん,ミクロてんびんなどが使用される。最近では,電子てんびんが多用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android