コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗瓶 センビン

3件 の用語解説(洗瓶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐びん【洗瓶】

容器や試料を洗浄するための化学実験用器具。先細の長管から蒸留水などを吹き出すようになっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんびん【洗瓶 washing bottle】

化学実験,とくに合成および分析における操作で,試料や容器などに蒸留水あるいはメチルアルコールエチルアルコールなどの洗液を吹きかけるのに用いられる瓶。以前はガラス製のもの(図1)が一般に使われていたが,現在ではポリエチレン製のもの(図2)がごくふつうに使われている。ガラス製のものは,ガラス管に口をあてて吹くとフラスコの内圧が高くなり,中の液体が先を細くしたガラス管から噴出する。ポリエチレン製のものは,ポリエチレンの瓶のせんを通して鶴の首先のような形の細いポリエチレン管がとりつけられているため通称鶴首(つるくび)といっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんびん【洗瓶】

化学実験で、試料やガラス器具などを洗うための蒸留水などの洗液を入れる瓶。洗液の吹き出し口がついている。洗浄瓶。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洗瓶の関連キーワード徳目分光化学化学天秤実験科学合成抗菌剤合成着色料生化学的分析生物化学分析組合せ効果(炎光分析)クラーゲットの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone