コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洛陽焼溝遺跡 らくようしょうこういせきLuo-yang shao-gou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洛陽焼溝遺跡
らくようしょうこういせき
Luo-yang shao-gou

中国河南省洛陽市の北西 1.5kmにある戦国墓,漢墓を中心とした墓葬群。遺跡はぼう山の南麓,隴海鉄路の北に位置する。南北 500m,東西 700mにわたっておびただしい数の戦国,秦,漢,魏,晋,隋,唐の墓葬が存在し,1952~53年に 59基の戦国墓と 225基の漢墓が発掘された。戦国墓は一般に竪穴墓で,戦国時代後期に属し,また,漢墓は前漢中期から後漢晩期まで約 300年間にわたって造られたものである。これらの漢墓は6期に区分され,漢墓研究の基本となる編年が試みられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

洛陽焼溝遺跡の関連キーワードオープンウオータースイミングOWSバイアスロン御土居近畿日本鉄道京浜急行電鉄エゴロワ南北(朝鮮)間の列車運行数値予報岡野弥平

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android