コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御土居 おどい

国指定史跡ガイドの解説

おどい【御土居】


京都府京都市北区・中京区・上京区にある堤跡。1591年(天正19)、豊臣秀吉が長い戦乱で荒れ果てた京都の都市改造の一環として、東は鴨川、北は鷹ヶ峯(たかがみね)、西は紙屋川、南は九条付近に沿って築いたもので、外敵の来襲に備える防塁と鴨川の氾濫から市街を守る堤防の役割を果たした。台形の土塁と堀(堀の一部は川や池、沼を利用)からなり、南北約8.5km、東西約3.5kmの範囲で総延長は22.5kmに及ぶ。土塁の内側を洛中(らくちゅう)、外側を洛外と呼び、要所には七口を設けて洛外との出入り口とした。鞍馬口(くらまぐち)や丹波口(たんばぐち)などの地名はその名残である。江戸時代になると天下太平が続いて外敵の脅威もなく、御土居は次第に無用の存在となって市街地が洛外に広がると、堤防の役割を果たしていたものなどを除いて次々と取り壊され、北辺を中心にわずかに名残を留めるだけとなった。市内に残る御土居のうち8ヵ所(紫竹、盧山寺(ろさんじ)、西ノ京、平野、紫野、鷹ヶ峯2ヵ所、大宮)が京都の沿革を知ることができること、わが国における都市の発達をたどる重要な遺構であることから、1930年(昭和5)に国の史跡に指定され、1965年(昭和40)にさらに1ヵ所(上京区馬喰町の北野天満宮境内)が追加指定を受けて、現在9ヵ所が指定地となっている。北区大宮土居町にある大宮御土居へは、JR東海道新幹線ほか京都駅から市バス「紫野泉堂町」下車、徒歩約3分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

世界大百科事典内の御土居の言及

【賀茂川∥鴨川】より

…【村井 康彦】 流路は近世に入り数度の改変をうけている。1591年(天正19)豊臣秀吉は御土居の築造に当たり,その東端を鴨川西岸とし,古代・中世以来の洪水の防止をはかった。1610年(慶長15)には,方広寺大仏殿造営の材木運搬のため角倉了以が鴨川の開削(水路化)に着手した。…

【京都[市]】より

…京都府南部の市。府庁所在地。1889年市制。人口146万3822(1995)。府の政治,経済,交通,文化の中心をなすばかりでなく,国際的文化観光都市として著名である。地形的には京都盆地の北東部に位置し,南部と西部が低く,北部と東部が高い。市街東縁部には東山の連峰が連なるが,それを越えた東側の山科(やましな)盆地も京都市域に属する。歴史的には794年(延暦13)に建設された平安京が都市としての起源で,平安京は朱雀(すざく)大路を中心に左右両京に分かれていた。…

【土居】より

…中世においては土居の外側に(濠)をうがつことが多く,その内側を〈堀の内〉とも呼んだ。 土居のなかで最も大規模なものとして,1591年(天正19)に豊臣秀吉が京都の周囲にめぐらした〈御土居(おどい)〉がある。御土居は東は鴨川,西は紙屋川,北は鷹峯,南は九条を限り,周囲全長22.5kmに達する。…

※「御土居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御土居の関連キーワード北野(京都市)益田氏城館跡京都(市)京都(府)紙屋川鷹ヶ峰岩国城七尾城寺町通平賀氏洛外

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御土居の関連情報