コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞窟角礫岩 どうくつかくれきがんcave breccia, cavern breccia

岩石学辞典の解説

洞窟角礫岩

石灰岩洞穴で天井から落下した破片で形成された角礫岩で,引き続いた炭酸カルシウム堆積によって固結されたもの.洞穴角礫岩はしばしば棲んでいた動物かその餌食となった動物の骨が含まれている[Norton : 1917, Reynolds : 1928].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android