餌食(読み)エジキ

  • えじき ゑ‥
  • えじき〔ゑ〕
  • えばみ ゑ‥
  • えば・む ゑ‥
  • じしょく

デジタル大辞泉の解説

動物のえさとして食われる、命あるもの。
野心や欲望のための犠牲となるもの。くいもの。「巨大資本の餌食となる」
食物。食料。
「生き身には―あり」〈浄・博多小女郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

動物の餌として食われる生き物。えさ。
他人の欲望や利益のために犠牲になるもの。くいもの。 暴力団の-になる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 食物。食料。
※虎明本狂言・鬼の継子(室町末‐近世初)「よひものがきた、なんぢがやうなるものこそ、ふだんまって、それがしがやうなるものがゑじきにすれ」
② 鳥獣のえさとなる食物。または、えさとして食われるもの。えさ。
※御伽草子・猫の草紙(江戸初)「唐櫃(からうと)のすみ、包、葛籠(つづら)の中へ取り籠りて、家を作り、ゑじきにもならず、手柄にもならざる物をくふことなかれ」
③ 他人の意志、欲望のままにされ、その犠牲となるもの。くいもの。
※談義本・風流志道軒伝(1763)一「今試に将棊の上手に採配とらせて軍(いくさ)させば、敵の龍馬(りゅうめ)に踏殺(ふみころされ)、桂馬の高飛歩兵の餌食(ヱジキ)となるべし」
[語誌](1)元来は、「衣類と食物」を意味する漢語「衣食(えじき)」であったが、次第に「食物」の方に意味がかたより、室町時代には①のような用法となった。この結果、「え」を「動物の食料」を意味する和語「え(餌)」と解釈し直したことで②の用法が成立し「餌食」と表記されるようにもなった。
(2)「え(餌)」はもともと「ゑ」で音が異なったが、中世では「え」「ゑ」の対立はすでになく、一音節語「え」が語としての安定を求めて多音節化していく過程で、このような混交が生じたと考えられる。江戸時代以降「動物の食料」を意味する語は「えさ」となったため、「えじき」はさらに③の意になり、現代にいたる。
〘名〙 (動詞「えばむ(餌食)」の連用形の名詞化) 鳥獣、魚などがえさを食べること。また、そのえさ。
※説経節・説経しんとく丸(1648)上「ははとりかいごおあたたむれは、ちち鳥ゑはみにたつ」
〘自マ四〙 (餌(え)を食(は)むの意) 鳥、獣などがえさを食べる。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)六「鳥獣(けだもの)のゑばむをば羨しがるお詞」
〘名〙
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉一三「此地湖海無しと雖も、魚亦自から土中に生じ、以て土人の餌食(ジショク)(〈注〉クヒモノ)に供ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

餌食の関連情報