コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津別峠 つべつとうげ

1件 の用語解説(津別峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津別峠
つべつとうげ

北海道東部,津別町と弟子屈 (てしかが) 町の境にあり,屈斜路 (くっしゃろ) カルデラ外輪山を越す峠。標高 947m。屈斜路湖和琴半島藻琴山アトサヌプリ,摩周岳を一望できる景勝地。阿寒国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の津別峠の言及

【津別[町]】より

…網走川とその支流沿いの低地で小麦,ジャガイモ,テンサイ,タマネギなどを栽培する。国際キャンプ場がある堰止湖のチミケップ湖(面積約1km2),屈斜路湖や大雪山を一望できる津別峠,阿寒湖を眼下に見る木禽(ききん)岳(995m)などはいずれも原始林におおわれた景勝の地で,阿寒国立公園に属している。【奥平 忠志】。…

※「津別峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone